江戸小紋を高く売りたいなら

着物好きなら誰もが一枚は持っているといわれている人気の江戸小紋、そのままにしていませんか?
もう着ない江戸小紋は、買取プレミアムで査定をしてもらいましょう。
ここでは、江戸小紋の特徴、買取などについてお話していきます。

 

江戸小紋の特徴

 

江戸小紋は、一枚は持っているといいと言われますが、これは、カジュアルな場所はもちろん、結婚式などフォーマルな場所まで着てお出かけすることが出来るためです。
江戸小紋は、帯を変えれば色々なシーンで活躍してくれる一枚です。

 

さて、江戸小物の特徴ですが、無地のような一色染めが一般的で、微細な文様なので、帯を変えるだけで着物本来のもつ古典的な装いや、和モダンで今風な着こなしなど、着物のおしゃれを幅広く楽しめますから、普段からお着物を楽しみたいという人にこそ、江戸小紋は大変お勧めです。

 

江戸小物三役が最も各が高い

 

江戸小紋には、

 


行儀
通し

 

という文様がありますが、これは、江戸小物を代表する、江戸小物三役という文様で、これらの中でも「極」と名がついているものいn冠しては、最も格が高いものであるといわれています。
極と名の付くものは、3cm四方に、実に900以上もの穴が開けられていて、とても細かい文様の中でも格が高いのです。

 

また、「江戸小紋五役」と呼ばれるものもあります。
これは、江戸小紋三役に、大小あられ、万筋などの縞文様を加えた5種類の文様のことで、江戸小紋三役の次に格が高いものなので、これらの江戸小物を持っていてもう着ないという人や、譲ってもらったが着る機会がないという人は、ぜひ買取プレミアムに買取査定を依頼してみましょう。

 

江戸小紋の買取価格

 

江戸小紋は、三役が最も格が高く、その次が五役といわれており、これらは普段から気軽に着まわしが出来る着物でもあるので、使用感が出てしまっていたり、気づいたら汚れがついていた・・・なんてこともよくあります。

 

そんな江戸小紋でも、査定を諦めてしまう必要は、ありません。
買取プレミアムなら、きちんと査定して適性な金額で買取をしてくれます。状態によっては、金額が期待できないこともありますが、持て余していた江戸小物が思わぬ臨時収入になることもあります。

 

手元にある江戸小紋は、ぜひ買取プレミアムに買取査定を依頼してみましょう。