半端帯を高く売りたいなら

女性の帯のひとつである半端帯ですが、たんすの肥やしになっている半端帯は、ありませんか?
もう使わない半端帯や、譲り受けたが使い道がなく持て余している半端帯は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。

 

ここでは、半端帯の特徴や買取などについてお話していきます。

 

半端帯とは

 

半端帯は、細帯、四寸帯とも呼ばれており、女性が使用する帯です。
元々は羽織を着用することで隠れる羽織下帯として使用されており、ボリュームを出さずに締める帯であるため、帯枕、帯締めなどの小物を使用しないことが多いので、着用が楽だという特徴があります。
半端帯は、現在でも親しまれており、羽織下帯、浴衣、普段着用のお着物などにも使用されています。

 

素材は、正絹、木綿、ポリエステルなど色々なものが使用されています。
文庫結びが多く見られますが、文庫結びはある程度年齢が限られてくる結び方で、若い女性の結び方といわれています。
とはいえ、半端帯は大変身近な帯であることから、色々なアレンジをして結んで楽しむことが出来るよう、一般的な長さよりも眺めのものも販売されるようになりました。

 

半端帯は、見た目でどの季節に使用するものかがわかります。
透け感のある麻などの素材で織られている半端帯は夏物、それ以外の季節のものは、袋状に織られているためしっかりとした作りになっています。
夏物の半端帯は、主に浴衣に締めるのに使用します。

 

ポリエステルの半端帯の場合、伸縮性があるため、特に子供用として向いてはいるものの、動くたびにズレたり緩んでしまうため、正絹が理想的です。
また、正絹であんくとも、木綿や麻であれば簡単にはほどけないので、これらの素材がお勧めです。

 

素材によって価格に違いが出てくる

 

半端帯は、麻など透け感のあるものは夏用なので、浴衣のシーズンになると人気が出てきます。
一方で、袋状の半端帯は、夏用の半端帯とは違い、見た目にもしっかりとした作りになっているので、季節を問わずに使用することが出来る(季節をあらわす柄のあるものはその季節に)ので、普段着用の着物の気軽に合わせやすいほか、博多織の半端帯であれば、紬や小紋にもぴったりです。

 

半端帯の素材についてですが、博多織、錦織、唐織、木綿、ポリエステル、キュプラなどいろいろな素材が使用されて作られていますが、この素材によって価格に違いが出てくるようです。

 

半端帯の買取価格

 

半端帯は、作りによって買取査定に出しても価格がつかない場合があります。
そんな半端帯も、諦めるのはまだ早いです。
買取プレミアムなら、他店で価格が付かなかった半端帯でも、価格がつく場合があります。鑑定士がしっかりと隅々まで見てくれるので、今ある帯の価格が気になる人も、買取プレミアムに買取査定依頼をしてみるのがお勧めです。