本塩沢紬を高く売りたいなら

本塩沢紬といえば、大島、結城、塩沢といわれ、かつては「日本三大紬」と呼ばれていたほど、大変価値のあるもので、単衣の女王とも呼ばれています。
たんすで眠っている本塩沢紬は、そのままにしておくよりも買い取りプレミアムで買い取りをしてもらうことで思わぬ価格になることも。
ここでは、本塩沢紬の特徴や買い取りなどについてお話していきます。

 

本塩沢紬の特徴

 

本塩沢と塩沢紬とがありますが、

 

本塩沢「お召し」
塩沢紬「紬」

 

で、本塩沢は緯糸(ぬきいと)と呼ばれる織物の横糸のことでお召し糸を使用しており、これを「お召しぬき」といい、塩沢紬は緯糸に紬糸を使っています。
新潟県南魚沼市塩沢地方を中心に生産されており、越後上布、平塩沢、塩沢紬、本塩沢、夏塩沢といった1,000年以上の歴史をもっており、緯糸に強く撚糸(ねんし)に強く撚り(より)をかけた「強撚糸(または御召糸)」を使用して織られていることから、御召に分類されます。

 

百貨店や呉服店などで購入したものは確実

 

「単衣といえば塩沢」と呼ばれるほど、塩沢は単衣に最適で、織り上げた後に湯揉みを施しているので、撚りが戻って、しぼ山と呼ばれる綺麗な凹凸が現れます。

 

大塩沢紬は、高島屋や三越、大丸などの大手百貨店で購入したものであれば高値がつきやすいともいわれています。
これは、大手の百貨店で扱われているので本物であるという証拠でもあるためです。また、老舗の呉服店で購入されたものも同様に、高値がつきやすいといわれています。

 

大塩沢紬の買い取り価格

 

買い取りプレミアムなら、証紙のない大塩沢紬でも、質の良いものであれば数万円の買い取り価格がつくこともあります。
また、証紙がついていても汚れが目立つ、たたみシワがついてしまっているといった大塩沢紬であっても、1枚ずつきちんと丁寧に査定してくれますから、着物のコンディションがイマイチ・・・という場合であっても、諦めてしまわずに、査定を依頼してみるのがお勧めです。