袋帯を高く売りたいなら

持て余している袋帯がある人や、譲ってもらったが使い道がないなど、たんすの肥やしになってしまっているなら、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。

 

ここでは、袋帯の特徴や買取などについてお話していきます。

 

袋帯の特徴

 

袋帯も産地は京都の西陣、丸帯が重く締めづらいという理由から昭和初期になる頃に花柳界(かりゅうかい※)が考え出したといわれており、また、第二次世界大戦後の物が不足していた時代に考案された新商品であるといわれています。(※芸妓などの社会のこと)

 

袋帯は、裏表に模様のある丸帯を簡略化して作られたものです。
丸帯とは違い、裏側の柄をなくし無地にしたことで、その分糸を使用しないため軽く使いやすいのが特徴です。
名前の由来は「当初は袋状に織られていたため」といわれています。

 

袋帯は、一般的には女性がしようする帯のことをいいますが、男性用の角帯の内袋状に織られているものも袋帯と呼ばれることがあります。
袋帯は、幅役31cm、長さ4m17cm、男性用では幅約10cmのサイズで、二重太鼓結びが出来る長さがあります。

 

また、

 

本袋
縫い袋
片縫い袋

 

といった種類があり、表と裏えを袋状に織り上げたものが「本袋」、裏表を個々に織り上げてから耳を縫い合わせて袋状にしたものが「縫い袋」、そして裏表を合わせて織り上げてから半分に折って耳を縫い合わせたものが「片縫い袋」です。

 

希少価値のあるものの方が価格が上がりやすい

 

礼装用(または準礼装用):金糸、銀糸が多く使われている
洒落袋帯:金糸、銀糸が控えめもしくは使用されていない

 

このように、礼装や準礼装には金糸と銀糸が多く使われており、洒落袋帯は、金糸と銀糸があまり使われていないか全くなく、紬、小紋、付け下げ、色無地と合わせて使用しますが、一見、金糸や銀糸を使用している礼装用の袋帯の方が高価なのでは・・・?と思いがちですが、袋帯の場合も他の着物などと同様に、中古品であっても希少価値あるもの(人間国宝が作ったものなど)の方が価格が上がりやすいといえます。

 

袋帯の買取価格

 

袋帯は、希少価値があるものの方がより買取価格が上がるため、礼装用よりも洒落袋帯の方が値が安い・高いといったことは一概には、いえません。

 

今ある袋帯がいくらになるのか気になったら、買取プレミアムに買取査定を依頼してみましょう。
買取プレミアムは、プロの鑑定士が在籍しているほか、女性鑑定士もいますから、女性の一人暮らしの出張査定でも安心して査定依頼ができます。