加賀友禅を高く売りたいなら

たんすの肥やしになっている加賀友禅、買取プレミアムに査定に出してみませんか?
ここでは、加賀友禅の特徴や買取などについてお話していきます。

 

加賀友禅の特徴

 

加賀友禅は、加賀御国染の色絵、色絵紋をベースにして栄えていった染色技法が特徴で、落ち着いた写実的な草花模様を中心に、絵画調の美しい柄が特徴です。
加賀友禅の武家文化と京の公家文化、これらに支えられてきたのが流麗な集合配列模様が特徴の京友禅であるといわれています。

 

加賀友禅の大きな特長は、やはり絵画調の柄ですが、独特の白い線を太く・細くして変化をつけて写実性を高めると同時に、装飾高価も高めており、特有のぼかしといった技法もよく使われており、外側から内側に向かってぼかしを入れているのもまた、加賀友禅の特徴です。

 

染めた後の刺繍などの加工が少ない

 

本物の加賀友禅かどうか判らない、証紙がないなど、着物は何かと素人目には判断しづらいものがありますし、高価かそうでないかの判断は、大変難しいものがあります。

 

ご自身がお持ちの加賀友禅を、百貨店や老舗の呉服店で購入した場合は、本物と思ってもいいでしょう。
譲り受けた場合や、ご家族の形見などである場合は、判断しづらいので、買取プレミアムに査定を依頼してみましょう。

 

加賀友禅といえば、現在でも大変高級な着物として知られていますが、これは、加賀友禅の柄が絵画調で、芸術的価値があるとされているほか、古典の色調、基調となる加賀五彩で独特な雰囲気を持つほか、染めた後に刺繍などを施すといった加工を行うのが少ないなど、昔からの技法を現在も忠実に再現しているためです。

 

 

加賀友禅の買取価格

 

買取プレミアムなら、証紙のある加賀友禅や証紙がないものでも、隅々までしっかりと査定してくれます。
汚れが目立つ、たたみシワが目立つといった加賀友禅も、値段がつかないだろうと諦めてしまわずに、まずは買取プレミアムに買取査定を依頼してみてください。