京友禅を高く売りたいなら

金箔の加工や刺繍が美しい京友禅ですが、もう着ない京友禅や手放そうかと考えている京友禅は、ぜひ買取プレミアムに買取査定を依頼してみてください。
ここでは、京友禅の特徴や買取などについてお話していきます。

 

京友禅の特徴

 

京友禅は、全体に上品さと気品の溢れる印象のものが好まれる着物で、金箔加工、刺繍といった仕上げをされているのが特徴です。
京都の伝統工芸品のひとつでもある京友禅は、友禅染めとも呼ばれており、元禄時代に扇絵師の「宮崎 友禅斎(みやざき ゆうぜんさい)」という人物によって生み出された染色で、目に鮮やかで美しい色を出していました。

 

手描き友禅である場合、仕上がるまでに実に26もの工程を、それぞれの職人が行い大変時間と技術を必要とすることもあり、現在では、型染め、捺染めといったものが主流になっています。

 

手描きのものほど高額に

 

着物といえば、手間が掛かれば掛かっているほどにその価格や価値が上がっていきますが、京友禅も当然、手描きであればそれだけ価値のあるものとなります。

 

下絵、糸目、染め、蒸しなどの工程を順に作られるのには、それぞれ熟練の技を持つ職人が分業によって行っており、これらの工程が行われているか、といったことにも左右されますが、中にはインクジェットで作られているものもあります。

 

最近では、このような手軽な染めが行える着物も出回ってはいるものの、「友禅」という名で、数十万円などそれりの価格で売られているものもありますが、それと手描きでは、価値が全く違います。
素人目に見て、それらを比較してみた場合、もしかしたら判別できることもあるかもしれませんが、見ただけで「京友禅だ」と判る人もなかなかいないかもしれません。

 

そんな時は、買取プレミアムに査定を依頼してみましょう。

 

京友禅の買取価格

 

京友禅は、手描きかそうでないかとでは、かなり価格に差がありますが、着物の状態によって価格に違いがありますから、大体このくらいの価格といった値段がありません。

 

今ある京友禅がいくらになるのか、気になった方や、もう着ないといった方は、買取プレミアムに買取査定を依頼してください。