おぼろ染め訪問着を高く売りたいなら

おぼろ染め訪問着といえば、年齢はもちろん、未婚・既婚を問わず着ることが出来る身近な着物として知られていますが、眠っているおぼろ染め訪問着があれば、買取プレミアムに買取査定を依頼するのがお勧めです。

 

ここでは、おぼろ染め訪問着の特徴や買取などについてお話していきます。

 

おぼろ染め訪問着の特徴

 

おぼろ染め訪問着は、紋をつければ色留袖と同格に、また、格式の高さを意識しないのであれば紋をつけなくても着ることが出来ます。
結婚披露宴、お茶会、お見合い、知人宅などへの訪問、クラス会など、社交的な場に着ていく着物としても親しまれています。

 

「おぼろ染め」という名前の通り、染めの柄と柄の境目の部分が、優しくかすんでおり、ふんわりと柔らかい印象がなんともいえない雰囲気なのはもちろん、渋い色合いのもの、梅の形の絞り、ぼかしを入れて訪問着の柄付きに仕上げたものなど、色んな種類がありますが、一般的な絞り染めとは、加工の工程に違いがあります。

 

一般的な絞り染めの場合、生地を絞った後に染料液に浸けて染めていきますが、おぼろ染めの場合は、先に手描きで染めを行います。
おぼろ染めの「おぼろ」は、まさにこの手描き染めの工程にあるといわれています。

 

おぼろ染め訪問着の買取価格

 

おぼろ染め訪問着の場合、未使用のものや状態の良いものであれば、数万円の買取価格がつく場合があります。
買取プレミアムなら、着用済みのおぼろ染め訪問着や、あまり状態が良くないかも・・・といったものでも、きちんと査定してくれます。

 

たんすの肥やしになってしまっているおぼろ染め訪問着でも、思わぬ価格がつく場合や、ちょっとしたお小遣いになる場合もあります。譲ってもらったが着る機会がない、今あるおぼろ染め訪問着をリサイクルショップに持っていこうかと考えている人や、お手持ちの着物がいくらになるのか?と、少しでも気になったら、買取プレミアムを利用してみましょう。