辻が花訪問着を高く売りたいなら

辻が花訪問着を持っているがもう着ない、着る機会がないので勿体無い、譲ってもらったがどうすればいいのか・・・そんな人は、買取プレミアムに買取査定を依頼してみるのがお勧めです。

 

ここでは、辻が花訪問着の特徴、買取などについてお話していきます。

 

辻が花訪問着の特徴

 

辻が花訪問着は、故、久保田一竹氏が作っていた着物で、緞子(どんす)地のような華やかかつ上品な光沢を持った厚手の生地が特徴の美しい着物です。一竹氏がなくなった今も、一竹工房でその手法が受け継がれていますが、市場に大量に出回るものではないので、希少価値があります。

 

辻が花の訪問着は、ハッキリとした定義のようなものがありません。
特定の作家が作った辻が花以外は全て偽者だと考える人もいるようで、何が本物なのかといった判断基準が曖昧な部分があるようですが、これも一竹氏の作った辻が花が愛されている証拠といえます。

 

廉価版もあるので要注意

 

辻が花の訪問着といえば、江戸時代に姿を消した架空の幻の花を一竹氏がこの世に再現復活させたものといわれていますが、染め技法の一種である辻が花には、廉価版も存在します。
廉価版は、比較的手頃な価格で着物を楽しむことが出来るようにと作られたもののようで、辻が花訪問着は、これが本物!偽者!というのは、実は素人目に判断するのが大変難しい着物といわれています。

 

清楚で繊細な印象の訪問着ですが、普段のおしゃれ着の着物として楽しむことが出来るのもまた、辻が花訪問着の楽しめるポイントのひとつですから、見た目に着物特有の重厚感がないかも・・・と思っても、実は高価な辻が花訪問着である場合があるので、自己判断でリサイクルショップに持っていく、なんてことだけはしないで下さい。

 

辻が花訪問着の買取価格

 

今ある辻が花訪問着の価格はいくらぐらいなのか・・・と、少しでも気になったら、ぜひ買取プレミアムに査定依頼をしましょう。
持て余してたんすの肥やしになってしまっているのであれば、尚更です。
着物は、月日が経過するごとにその価値が下がってしまうともいわれています。
既に着用済みのものであっても、買取プレミアムは細かい部分もしっかりと査定してくれるので、意外にも臨時収入が!なんてことも期待できます。