切手の売却買取相場記事一覧

お手持ちの普通切手、持て余していませんか?持てましている普通切手は、買取プレミアムの買取がお勧めです。ここでは、普通切手の買取相場などについてお話していきます。普通切手普通切手は、行事やキャンペーンといったものの記念に発行された「記念切手」とは違い、それぞれの郵便料金に対応している金額の切手のことを普通切手といいます。現在では、はがき料金52円提携封書料金(25gまで)82円提携封書料金(50gま...

20世紀デザイン切手の買取は、買取プレミアムに査定依頼をするのがお勧めです。手元に持て余してしまっていても、保存状態が悪いと劣化して価値がつかなくなってしまったり、形見分けなどで譲り受けたが持て余している・・・そんな人は、ぜひ買取プレミアムを利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、20世紀デザイン切手の買取相場などについてお話していきます。20世紀デザイン切手シリーズ「20世紀デザインシリーズ」...

現在では使い道がほとんどなくなってしまった戦前切手ですが、コレクターの間ではまだまだ人気のある切手です。そんな戦前切手を、譲り受けるなどして持て余していたり、思い切って処分を・・・と考えている人は、ぜひ買取プレミアムに買取査定の依頼をするのがお勧めです。ここでは、戦前切手の買取相場などについてお話していきます。戦前切手戦前切手は、1953年の小額通貨の整理、端数計算に関する法律が制定された後でも、...

お手元にある航空切手の買い取りは、ぜひ買取プレミアムがお勧めです。ここでは、航空切手の買取相場などについてお話していきます。航空切手航空切手は、現在では発行されていない切手で、希少価値があり高額で買取されることの多いプレミアのついた切手です。航空切手は、航空郵便専用として発行されている切手で、第二次世界大戦がの最中には、航空切手の発行がされていなかったものの、戦後になるとまた発行されるようになりま...

お手元にある五重塔航空を持て余している人や、もう手放してしまおうかと考えている人は、買取プレミアムの切手買取査定を利用してみるのがお勧めです。ここでは、五重塔航空の買取相場などについてお話していきます。五重塔航空五重塔航空切手は、五重塔を背景にした切手で、5種類の五重塔航空切手が発行されました。また、大仏を背景とした大仏航空(4種類発行)がありますが、これらは額面が「円位」のものと「銭位」のものが...

お手元にある芦ノ湖航空切手を売りたいなら、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、芦ノ湖航空切手の買取相場などについてお話していきます。芦ノ湖航空切手芦ノ湖航空切手は、昭和4年に、日本で初めて、日本国内と日韓間の航空郵便用の切手として発行された切手です。額面は、8銭5厘切手16銭5厘切手18銭切手33銭切手の4種類が発行されましたが、その5年後の昭和9年になると、9銭5厘切手が発行され...

お手元の大仏航空切手の買取価格が気になったら、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。もう手放してしまおう、譲り受けたが持て余してしまっている・・・そんな人は、買取プレミアムに査定依頼をすることで、嬉しい臨時収入になることもあります。ここでは、大仏航空切手の買取相場などについてお話していきます。大仏航空大仏航空切手は、1953年8月15日、70円80円115円145円の額面で発行された切手です。...

お手元の30円コイル切手の売却を検討している人は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、30円コイル切手の買取相場などについてお話していきます。30円コイル切手30円コイル切手は、1961年(昭和36年)10月に新しく建築された京都中央局の局舎内に設置された切手の自動販売機で使用するのに発行された切手です。30円コイル切手のほかにも、5円コイル切手も発行されました。30円コイル切手の...

琉球切手の売却をしたい人、譲り受けたものの使い道がなく持て余しているなど、手放そうと考えている人は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、琉球切手の買取相場などについてお話していきます。琉球切手琉球切手は、「初版」と「再版」で買取価格に違いが出てきます。琉球切手の中でも、特に価値があるのが「沖縄第一次普通切手」と呼ばれる切手です。沖縄第一次普通切手は、初版と再版とがありますが、これら...

お手元にある組踊郵便切手の売却を検討している人は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、組踊郵便切手の買取相場などについてお話していきます。組踊郵便切手沖縄の琉球切手をご存知でしょうか。ここでは、琉球切手の「組踊郵便切手(くみおどりゆうびんきって)」についてお話していきます。琉球切手は、沖縄では1945年から本土復帰がされる1972年までに発行されていた沖縄県独自の切手のことをいいま...

お手元に守礼門復元切手の売却を検討している人には、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、琉球切手の「守礼門復元」の買取相場などについてお話していきます。守礼門復元1970年頃の日本には切手ブームが到来しました。この頃、切手収集家の間で人気を呼んだ切手の中に琉球切手がありました。琉球切手の中でも1958年発行の「守礼門復元」という切手は、大変人気の記念切手となり、1973年には、切手コ...

今お持ちの組踊小型シートを売却しようかと迷っている人は、ぜひ買取プレミアムの切手買取査定を利用するのがお勧めです。ここでは、組踊小型シートの買取相場などについてお話していきます。琉球切手「組踊小型シート」琉球切手は、1945年に沖縄が本土復帰される1972年までの間に沖縄県で発行されていた、沖縄独自の切手のことで、この切手には「民政府から発行されたもの」と「琉球郵政庁によって発行されたもの」の2種...

ここでは、「トピカルコレクション」についてお話していきます。トピカルコレクショントピカルコレクションは、切手に描かれているデザインや、その切手は何を目的として発行されるのかといったことで切手を分類したコレクションのことをいいます。トピカルコレクションによる国内独自の「トピカル切手展」もあります。コレクションは、主題に沿った特定のデザイン(または発行の目的)郵便切手類消印が押された郵便物などが中心で...

お手元にあるふるさと切手の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、ふるさと切手の買取相場などについてお話していきます。ふるさと切手ふるさと切手は、1989年に日本で発行された「ふるさとを題材にした切手」のシリーズのうちのひとつです。発行当初は、地方切手と呼ばれていたものの、切手収集家がこれを「ふるさと切手」と呼んでいたことから、現在では「ふるさと切手」という呼び方がこの切手の正...

プレミア切手の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、いくつかのプレミア切手の買取相場などについてお話していきます。プレミア切手ここでは、鳥切手犬山こども博覧会記念シート郵便創始50年記念大正銀婚記念切手皇太子結婚式記念切手といったプレミア切手についてお話していきます。まず、「鳥切手」ですが、これは明示8年に発行された手彫りの切手です。切手収集家なら誰もが知っているプレミア切手...

お手元にある「月に雁」の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、月に雁の買取相場などについてお話していきます。月に雁(つきにかり)「月に雁(つきにかり)」は、昭和24年(1949年)に発行された切手で、「見返り美人」と同様に大変有名な切手です。日本では、昭和30年代〜40年代に切手収集ブームが巻き起こり、このときに月に雁の価格も高騰し、10,000円を超える値がつくこともありま...

見返り美人切手の買取は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、見返り美人の買取相場などについてお話していきます。見返り美人見返り美人は、1948年11月29日に発行された切手で、かなり前に発行された切手ながら、見た目の美しさから、発行当時は大変話題になり、現在でも人気のある価値ある切手です。見返り美人は、当時150万枚発行されましたが、現在でも発行されている切手でもあります。しかし、...

ビードロを吹く娘の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、「ビードロを吹く娘」の買取相場などについてお話していきます。ビードロを吹く娘ビードロを吹く娘は、「ビードロ」と略して呼ばれることのある切手で、1955年に発行されました。ビードロを吹く娘の元となった浮世絵は、ポッピンを吹く女」とも呼ばれていますが、これは、ビードロの別名がポッピンであるためです。1995年の切手趣味週間の...

日本赤十字社創立75年記念の買取は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、日本赤十字社創立75年記念の買取相場などについてお話していきます。日本赤十字社創立75年記念切手日本赤十字社創立75年記念切手は、1952年5月1日に発行された切手です。枚数に制限のない普通切手とは違い、一定枚数で発行された記念切手のうちのひとつで、2銭、4銭、10銭、20銭といった種類があります。大正から昭和...

お手元にある市川海老蔵切手の買取は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、市川海老蔵切手の買取相場などについてお話していきます。市川海老蔵切手市川海老蔵切手は、1956年11月1日に550万枚発行された切手です。発行枚数は、「月に雁」や「見返り美人」と比較すると多いものの、今もなお人気があり、「市川蝦蔵」や「市川えび蔵」といった表記のものもあり、別名「海老蔵睨み」とも呼ばれている迫力...

オオパンダ切手二次の売却をお考えの場合、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、オオパンダ二次の買取相場などについてお話していきます。オオパンダ切手二次オオパンダ切手二次は、1973年1月15日に発行されたオオパンダ切手のことで、第一次は1963年8月5日に発行されました。第一次は3種完、そして第二次は1973年1月15日発行の6種完となっています。オオパンダ切手の他にも、日本切手の東...

中国切手の中でも高価な「赤猿」の売却なら、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、赤猿の買取相場などについてお話していきます。赤猿赤猿は、1980年に発行された切手で、別名「子ザル」とも呼ばれている大変人気のある切手です。発行されてから現在に至るまで、変わらずに高値で取引されている人気の切手ですが、実は赤猿は、中国で初めての年賀切手でした。猿のデザインは、発行した当時の干支が猿であった...

文革切手の「毛主席の最新指示」の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、毛主席の最新指示の買取相場などについてお話していきます。毛主席の最新指示文革切手、毛沢東シリーズの「毛主席の最新指示」は、文化大革命時代に発行された中国切手のうちのひとつです。1967年から1968年にかけて発行された切手で、文化大革命時代に発行されたこともあり、政治色の強い切手です。また、発行当時に指導者...

中国切手「牡丹」の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、牡丹の買取相場などについてお話していきます。牡丹中国切手「牡丹」は、1964年に発行された切手です。日本では東京オリンピックが開催されることとなったこの年ですが、牡丹は希少価値が高いとされており、切手収集家の間でも大変人気のある切手です。牡丹は、「状元紅と大金粉」という牡丹の花がモチーフとなっている切手で、この「状元紅」...

梅欄芳舞台芸術シートの売却を検討中の人には、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、梅欄芳舞台芸術シートの買取相場などについてお話していきます。梅欄芳舞台芸術シート梅欄芳(メイランファン)は、1961年から1996年に中国の古典演劇で活躍した俳優です。「四大名旦」という女形においてその名前を残すほどの名優で、梅欄芳が舞台上で演じる姿を写したものがこの梅欄芳舞台芸術シートです。梅欄芳舞台...

オーストリア切手の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、オーストリア切手の買取相場などについてお話していきます。オーストリア切手オーストリア切手は、伝統的なグラビア印刷で表現されているラインが大変繊細で芸術性が高く、切手でありながら絵画として、切手収集家に人気のある切手です。切手収集家以外でも、オーストリア切手の美しさに魅了され、絵画として利用している人もいるようです。オース...

モザンビーク切手の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、モザンビーク切手の買取相場などについてお話していきます。モザンビーク切手1953年、モザンビーク共和国は、国内で使用することが出来る普通切手の全てのデザインを、蝶、蛾の絵柄で統一していますが、この目的は、モザンビーク共和国の郵便事業を活性化させるといったもので、全部で20種類の切手が発行されました。そして1951年になる...

ドイツ切手の売却は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。ここでは、ドイツ切手の中でも「総統48歳誕生日」の買取相場などについてお話していきます。総統48歳誕生日ドイツ切手の「総統48歳誕生日」切手は、ヒトラー総統48歳の誕生日を記念する小型シートです。ヒトラー総統の肖像が切手として登場するのは、この切手が初めてですが、これ以降のヒトラー総統の誕生日記念切手は、毎年発行されるようになりました。...