芦ノ湖航空切手の買取相場は?

お手元にある芦ノ湖航空切手を売りたいなら、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。

 

ここでは、芦ノ湖航空切手の買取相場などについてお話していきます。

 

芦ノ湖航空切手

 

芦ノ湖航空切手は、昭和4年に、日本で初めて、日本国内と日韓間の航空郵便用の切手として発行された切手です。
額面は、

 

8銭5厘切手
16銭5厘切手
18銭切手
33銭切手

 

の4種類が発行されましたが、その5年後の昭和9年になると、9銭5厘切手が発行されました。
よって、芦ノ湖航空切手は、全部で5種類発行されたことになります。

 

全5種の価値が高い

 

芦ノ湖航空切手は、5種類完ですが、これを揃えるというのはなかなか難しいことでもあります。
これは、芦ノ湖航空切手5種を入手する場合、正規ルートでなければ入手することが出来ないためです。この場合は当然、新品未使用品ということになりますから当然、今の時代に買取などの取引に用いられている芦ノ湖航空切手は、使用済みの中古品であるものも多くあります。

 

芦ノ湖航空切手の場合、5種全て揃っていることで、数万円の価値になることもあるため、使用済みである場合であってもコンディションがよければきちんと価格のつく切手です。
汚れなどが目立つ場合は、査定額に影響する場合もあります。
場合によっては、思ったよりも価格がつかないといったこともありますが、それでも大変価値のある切手であるため、査定依頼をする価値は十分にあります。

 

芦ノ湖航空切手の買取相場

 

芦ノ湖航空切手も、収集家の間では大変人気のある切手のうちのひとつです。5種類揃っての評価額が40,000円になることもあり、大変価値のある切手です。

 

芦ノ湖航空切手を売りたい、そろそろ手放そうかと考えている人は、ぜひ買取プレミアムの切手買取査定を利用するのがお勧めです。
他の切手も一緒に買取査定をしてもらいたいという場合でも、出張買取も行っていますから、車を所有していない、出向くのが面倒などという人でも気軽に安心して利用することができます。