普通切手の買取相場は?

お手持ちの普通切手、持て余していませんか?
持てましている普通切手は、買取プレミアムの買取がお勧めです。
ここでは、普通切手の買取相場などについてお話していきます。

 

普通切手

 

普通切手は、行事やキャンペーンといったものの記念に発行された「記念切手」とは違い、それぞれの郵便料金に対応している金額の切手のことを普通切手といいます。

 

現在では、

 

はがき料金52円
提携封書料金(25gまで)82円
提携封書料金(50gまで)92円
定形外封書料金(50gまで)120円
速達料金280円
簡易書留料金310円

 

などといったそれぞれ設定された料金に応じた切手が販売されており、製造枚数にこれといった制限はないものの、料金の改定なあどを理由に発売中止になることもあります。

 

保存状態によって価値がまるで変わる

 

裏面の糊が落ちていないか
ヒンジ跡の有無
シミや焼けなど、汚れがないか
擂れたり折れたりしていないか
ヨレているかいないか
破れている箇所はないか

 

など、このような状態であるかないかで、買取価格が変わってきます。
また、使用済みかそうでないかといったポイントも大きく、価格が変わってきてしまいます。

 

また、シート状になっていないものを「バラ切手」と呼びますが、シート状になっていても、4辺の余白部分に一部分でも欠けが見られるとバラ切手として扱われることもあります。
もし、バラ切手を買取してもらう場合は、出来れば仕分けをきちんとしておくのもポイントです。
仕分けをしておかないと、査定された買取価格から手数料が引かれる場合があります。

 

普通切手の買取相場

 

普通切手の買取相場は、

 

シートで額面の80〜90%前後
バラ切手の場合は額面の40〜85%

 

が相場であるといわれています。
使い道がなく持て余してしまっている普通切手は、買取プレミアムに買取査定に出すのがお勧めです。
量が多くても出張買取もしてもらえますから、ご自宅にいながら買取査定をしてもらえます。