日本赤十字社創立75年記念切手の買取相場は?

日本赤十字社創立75年記念の買取は、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
ここでは、日本赤十字社創立75年記念の買取相場などについてお話していきます。

 

日本赤十字社創立75年記念切手

 

日本赤十字社創立75年記念切手は、1952年5月1日に発行された切手です。
枚数に制限のない普通切手とは違い、一定枚数で発行された記念切手のうちのひとつで、2銭、4銭、10銭、20銭といった種類があります。
大正から昭和にかけて、それまで「紀念切手」という形見の意味で使用していた呼び方を当時の文部省がそれを避けて今の「記念切手」という呼び方をするようになりました。

 

価値が一番高いのが20銭

 

日本赤十字社創立75年記念切手は、2銭、4銭、10銭、20銭とありますが、この中でも一番価値があるとされているのが「20銭」切手で、買取価格が数千円の価格がつくこともあります。
次に価格が高いのが10銭切手で、こちらも数千円の買取価格がつくことがあります。

 

日本赤十字社創立75年記念切手の買取相場

 

日本赤十字社創立75年記念切手の買取相場は、20銭の未使用美品のもので2,000円前後といわれています。
発行されたのが1952年と、大変古い切手でもあるため、コンディションがまっさらに綺麗なものといった方が珍しいこともあり、買取価格がもう少し低い場合もありますが、それでもかなり価値のある切手といえます。

 

汚れがついてしまっている切手であっても、買取価格がつくこともありますから、お手元に日本赤十字社創立75年記念切手がある場合は、買取プレミアムの切手買取査定を利用してみましょう。

 

出張買取も行っていますから、他の切手も一緒に査定して欲しいといった場合でも、ご自宅にいながら査定をしてもらうことが可能です。