守礼門復元切手の買取相場は?

お手元に守礼門復元切手の売却を検討している人には、買取プレミアムの切手買取査定がお勧めです。
ここでは、琉球切手の「守礼門復元」の買取相場などについてお話していきます。

 

守礼門復元

 

1970年頃の日本には切手ブームが到来しました。
この頃、切手収集家の間で人気を呼んだ切手の中に琉球切手がありました。
琉球切手の中でも1958年発行の「守礼門復元」という切手は、大変人気の記念切手となり、1973年には、切手コレクターや切手の売買を行っている業者が、守礼門復元切手を購入しようと、日本全国の切手コレクターや業者が沖縄県に訪れるほど、大人気でした。
琉球切手は、1945年〜1972年に沖縄県で発行された切手で、日本郵政では琉球切手(沖縄切手)と呼ばれていますが、これらには違いがあり、

 

・1945年から本土復帰までの1972年の間に沖縄県で発行されたものが琉球切手
・1953年までに沖縄県で発行された切手が沖縄切手
 (沖縄県がアメリカ統治下におかれていた頃の切手)

 

といった違いがあります。

 

額面の3倍の価格がつくことも

 

守礼門復元は、沖縄県が返還されてから、入手困難な切手といわれるようになり、額面の3倍の価格がつくこともある大変価値のある切手です。

 

守礼門復元切手の買取相場

 

守礼門復元切手の買取相場は、琉球切手の買取価格が落ち着いてきている傾向にあるため、以前のように高騰しているといったことは今のところみられませんが、まだまだ十分プレミア価格がつくこともあります。

 

お手元の守礼門復元切手の売却を検討している人は、買取プレミアムの切手買取査定依頼がお勧めです。
出張買取も行っていますから、他の切手の買取査定も一緒にお願いしたい場合など、ご自宅にいながら査定をしてもらうことが出来るので便利です。